モーゼルワイン


日本人で唯一のWeinErlebnisBegleiter 「モーゼル観光ワイン体験ガイド」 が
モーゼルとモーゼルワインの魅力をご案内します。

●モーゼルワインのオーナー募集
●ぶどうの摘み取り体験
●モーゼル観光



モーゼルワインのオーナー募集




ドイツの銘醸ワインどころ、モーゼル地方のワイナリーがブドウの木のオーナー/ブドウ畑の区画オーナーを募集しています。

伝統と経験に培われた高度な醸造法で、すばらしい銘酒を長年つくりあげています。
オーナーになると、ブドウの摘み取り体験に招待されます。
絞られたブドウは地下で樫の木の樽でゆっくりと熟成されて年を越し、翌年には自ら摘み取ったブドウからできあがったワインの味わいを心ゆくまで堪能していただくことができます。

★ ナポレオンゆかりのブドウ畑

2000年前にドイツで初めてローマ人によってブドウ栽培・ワイン醸造の始められたのがモーゼル地方です。以来、この地域にはワインにまつわる多くの歴史がありますが、ガリア(今のフランス)の地をおさめたローマ将軍カエサルにあこがれ、ヨーロッパを制覇しようとしたナポレオンにまつわるブドウ畑はただひとつです。弊社はこの有名な畑を所有するワイナリーと提携し、日本人の皆様をモーゼル地方と結びつけています。

ロシア遠征で敗れたナポレオン軍がパリへ引き上げる途中、1813年秋にモーゼル河畔で野営した折り、兵士とワイナリーの主人の間で起こった事件を穏やかにとりまとめた村人がいました。
村が救われた貢献に感謝して、議会はこの村人に町で最良のブドウ栽培用の土地を寄贈、彼はここにブドウ畑を開墾・整備し、市民にワインをふるまった・・・

というすばらしい逸話と由緒のあるブドウ畑からのワインをみなさまに寄贈いたします。

現在このブドウ畑を所有するワイナリーは逸話の村にあり(モーゼル河畔・ベルンカステル近郊)、そのワインは国際的なコンクールで入賞を重ね、ドイツで数千もあるワイナリーのトップ100リストに毎年選ばれています。

【ブドウの木のオーナー・区画賃貸】
1ユニット=12本/12m2ごとに 年間契約 300ユーロ


● ご契約はユニット単位です。ユニットが増えるにしたがって年間契約に割引きがあります。
(10ユニット、5年契約まで可能。ユニット、契約年間につき各2%引き) 

● 贈与ワイン
白 (リースリング種。ドイツの白ワインカテゴリー3段階の最高級 「プレディカート」 クラスのうち、カビネット級 から アウスレーゼ級)、3種の風味(辛口 - 甘口)。
赤 (ピノノワール、ドルンフェルダー)

お好きな組み合わせで結構です。
ワインは醸造元渡しです。(日本などへの送付には、別途送料がかかります)

● 秋のブドウ摘み取りにご招待。ご自身のぶどう畑と木を訪ねて、ぜひモーゼルへ!そして楽しい旅を企画しましょう!

●摘み取り体験の翌日はドイツ最古の町で世界遺産トリーァやモーゼル河畔の町々の観光など、参加者のご希望によってツアーを組むことができます。2000年にわたるモーゼル史の中には、ナポレオンばかりでなく、ローマ帝国のコンスタンティン大帝、ベートーヴェンや文豪ゲーテ、革命思想家マルクスなども登場します。

お問い合わせ

Tel. 02131-514287 / 0163.457.1244 または info(at)gutentag-japan.de までお問い合わせください。




ブドウ畑で昼食、試飲、醸造見学


モーゼル観光

モーゼル川沿いはワインだけでなく歴史的にも非常に興味深い名所です。ワイン畑の観光、コッヘム、トリアーその他知られざる観光名所と尽きない魅力をご案内します。