切手で知るドイツ 2012年 12月号

統一の首相 ヘルムート コール ヨーロッパ名誉市民
Helmut Kohl - Kanzler der Einheit - Ehrenbürger Europas

ヨーロッパ議会はコール前首相の欧州同盟の構築、共同活動および拡充の功績に対して1988年、彼にヨーロッパ栄誉市民の称号を与えていたが、今般ドイツは彼に記念切手をもって改めて栄誉を与える。コール(1930~)は今から30年前、198210日に当時のヘルムート シュミット首相に対する不信任投票で勝ち、以後16年の長きにわたって、誰よりも長く首相の座についていた。
55セント)


ゲッティンゲンの7教授175
175 Jahre Göttinger Sieben

ゲッティンゲンの人の教授は1837年、自由主義的な憲法を破棄して古い君主制に戻したハノーファー国王エルンスト アウグストに抗議文を送った。教授たちは即刻罷免されたが、ドイツ各地のみならず、ヨーロッパ各国にも支援グループができ、民主憲法か、国王への忠誠か、さらに大学の自治などに関する議論へと発展した。事件の影響は小国に分割されていたドイツ各国に自由主義の運動を起こさせ、10年後の全ドイツ統一憲法審議のためのフランクフルト会議の礎となった。人の教授の中で特に日本人に知られているのがグリム兄弟で、「子供と家庭のための童話」が出版されたのは事件の10年以上前であった。
55セント)


ゲルハルト ハウプトマン生誕150
150. Geburtstag Gerhart Hauptmann

ハウプトマン(18621946)はドイツ自然主義の代表的な劇作家・詩人であったが、作品には古典的、浪漫的、象徴主義的、印象主義的な要素も見られる。「織匠」 Die Weber および「鼠」 Die Ratten で名声を得、ドイツの演劇に新風を吹き込んだ。下層階級労働者の生活を克明に描写し、一方では歴史劇や童話劇にも卓越な手法を見せ、社会的な小説にも強く、さまざまな様式を試みた。1912年にノーベル文学賞を受賞した。
55セント)


クリスマス切手  
Weihnachten 2012

ドイツ民間社会福祉事業団連盟(本部ボン)に属するつの団体 * のための寄付金つき記念切手。すでに40年以上続く年末のシリーズ切手で、国家の手の届かないところで活動する上記の福祉団体に寄付される。
今年のモチーフはオーバーバイエルン地方・エルマウの17世紀に建てられたチャペル。森の手前にあり、夜は照明が灯されてクリスマスツリーが生き生きとする光景だ。
55+25


* 労働者福祉事業団 Arbeiterwohlfahrt,ディアコニー事業団 Diakonisches Werkプロテスタント教会,カリタス連盟 Karitasverbandカトリック教会, キリスト教諸宗派福祉連盟 Paritätische Wohlfahrsverband, 赤十字 Rotes Kreuz, ユダヤ人中央福祉事業部 Zentrale Wohlfahrtsstelle der Juden の6団体。