表紙によせて 2012年12月号

201212月号No.219

ツークシュピッツェ
ドイツ最高峰の山ツークシュピッツェ(2962m)はウインタースポーツのメッカとして、夏の観光シーズンにも劣らない多くの人が訪れるリゾート地です。11月から5月初めまでがスキーシーズン、ドイツ唯一の氷河スキー場としてその人気は高まる一方です。歯車式登山鉄道、7本のロープウエー、23本スキーリフトが揃い、高所へ到達するのは容易です。世界で初めて、ツークシュピッツバーン交通会社はルフトハンザ航空と提携し、マイルポイントに参加している利便性も、観光客が歓迎する要素です。
前回の冬には5メートルの雪に恵まれ、除雪・保留された雪が春にはゲレンデに積まれてスキーシーズンが長く続きました。シーズンが終わってから、写真のように雪の上にトラック用の幌布を敷き詰める作業が行われ、夏の高温、太陽熱、暖雨から雪下に広がる氷河の溶解を防ごうとしています。

Foto: Bayerische Zugspitzbahn Bergbahn AG