表紙によせて 2012年9月号

2012年9月号 (No.218

モーゼル地方バイルシュタイン
秋は収穫の時期。ドイツにある13のブドウ栽培地域では、すでに8月から摘み取りが始まり、ブドウ農家は11月まで繁忙期です。ドイツはヨーロッパでブドウ栽培の最北限に位置しているので、栽培地域はほとんどが暖かい南西地方に集まり、ブドウ畑は特にライン川とその支流(アール、モーゼル、ナーエ、マイン、ネッカー)地域河岸の南向きの斜面に広がっていることが多いです。
モーゼル川の上に伸びる山上に城址のあるバイルシュタインという小さな町をブドウ畑の上から望んだ風景は、目の前に大きな岩が聳え、川へ向かって突き出ています。南国に比べて太陽の恵みが弱いドイツでは、長期にわたってゆっくりと熟すブドウ品種「リースリング」が好まれ、世界の白ワイン市場で最高級の評価を得ることも多いほど、醸造技術が卓越しています。摘み取り作業を眺めながら、ブドウ畑を散策するも秋の楽しみのひとつです。

Foto: Japan Contact